会議が形骸化していませんか?

会議は打合せ(ミーティング)ではありません。

参加者全員が正しい会議のやり方を会議システムノートで身に付けてください。

会議システムノート.jpg
基本動作.jpg

基本動作(モチベーション)アップ勉強会テキスト

売ることが先行し、プロとしての基本動作をおろそかにしていないだろうか?

組織人として、やるべきことをやり、やってはいけないことをしないことが重要なポイントになります。

「りんごの箱の中に腐ったりんごが一つあると、すべてのりんごが腐ってしまう」と、言うことわざにもあるとおり、社内環境は最悪の事態に陥ります。

企業の抱える問題の8割が “ヒト” に関わっています。

貴社の“ジンザイ”はどの“ジンザイ”に当てはまりますか?

“ジンザイ”とは……

四つの“ジンザイ”

(ア) 人罪……反組織人であり、その集団に居ては、いけない人である。

例証として、ガン細胞、腐った果物等。

論証として「早期発見、早期治療に限る」「他のまともな細胞なり、果物まで犯してしまう」→正直ものから潰れる。

∴悪貨は良貨を駆逐する(グレシャムの法則)等。

(イ) 人在……「存在するだけの組織人」 「返事だけの組織人」「毒にも薬にもならぬ組織人」等。

(ウ) 人材……「言われた事はやるが、自ら創り出そうという気持ちが足りな い。」「会社としても、

生産性のみを追求しようとしているところは伸びない」等

(エ) 人財……文字どおり、その人が居るだけで組織が明るくなるとか、結論は、なくてはならない組織人ということ。新人には新人としての、女子社員は女子社員としての果すべき役割があるということ。

“ジンザイ”育成には時間がかかります。

しかし、やらなければなりません。

「人在」を「人罪」にするか「人財」にするかは社長であるあなたの責任です。

毎日5分の訓練で1年後の社員は必ず驚くほどの変化をみせます。

基本動作勉強会テキストを活用し、会社にイノベーションを!

基本動作勉強テキスト1.jpg
経営方針書.jpg

経営方針(計画)書についての考え方についてはこちら

経営方針書つくり.jpg
個人情報安全管理マニュアル.jpg

お客様の情報は事業活動の原点であり、個人情報の不適切な取り扱いはお客様の信頼を裏切る行為

  であり、確実に信用の低下を招きます。

  ずさんな安全管理が原因で個人情報を漏洩した企業に対する社会的な批判と信用失墜の代償は大き

  く、事業の存続をすら危うくするといった社会的責任の発生を招きかねません。

  個人情報保護法の義務規程施行(2005年4月)から3年経つが、毎日のように企業による漏洩

  問題がマスコミに取り上げられています。

  不適切な取扱いにより、行政処分や刑事罰が科せられ、賠償請求の発生につながり多大な経済的損

  失を招きかねません。

  安全管理マニュアルを作成するときは、貴社の会社方針・社内規定類との整合性や組織の実態

  に応じ、必要な変更を加えてご使用ください。

個人情報管理マニュアル.jpg
苦情対応マニュアル作成プログラム.jpg

「苦情」は顧客満足向上のために貴重な忠告であり、ファンづくりのチャンス。

  苦情を申し立てたお客様は、貴社のアドバイザーであり、1つの苦情の影には、同様の不満を

  持つ顧客が他にも大勢存在する可能性があります。

  苦情対応は、第一報を受けた部門のみで行う業務ではなく、苦情への回答や情報提供などを

  あわせた消費者対応の一部です。

  その最終的な責任は組織のトップに帰属します。

  対応次第で売上げ拡大にも、売り上げ減少にもつながるのです。

苦情対応マニュアル.jpg

プレス1.jpg

国内主要マスコミ媒体1676件のプレスリリース受付(マスコミ名、電話・FAX番号、住所)を1枚のCD-Rに収録したものです。

  中小企業にとって、マスコミに取り上げられるメリットは大きい。

  良い物だから売れるのではなく、良い物のように思えるから売れるのです。

  「知っている番組で取材された商品・サービスなら…」と購入したこともあるでしょう。

  大きなコストをかけてマス広告で、ターゲットに訴求できない中小企業にとっては、マスコミを

  活用することを経営戦略に入れるべきです。  

プレスリリース.jpg

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
054-270-5009

静岡県静岡市のビジネス・ソリューション㈱です。
静岡・愛知県内、東京周辺を中心に中小規模企業の問題解決支援としてマーケティング・業務改善・リスクマネジメント
企業運営に欠かせない3つの仕組みづくりを支援いたします。
経営者にとって重要課題は会社をつぶさないことです。
しかし、毎年1万件以上の中小企業が倒産に見舞われています。
「知っていれば」「対策を講じていれば」倒産せずに済んだはずの企業が数
多くあったことを、私どもは見聞きしております。
少しでも多くの企業が、このような危機に見舞われず、最悪の事態を招く
ことのないよう、私ども専門家集団は事業運営に欠かすことのできない
マーケティング、業務改善、リスクマネジメントについて全力投球で支援
してまいります。

対応エリア
静岡・愛知県内、東京周辺

お気軽に
お問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

054-270-5009

 (コンサルティング部門 直通<柴田>)

  • 詳細はこちらへ

ビジネス
ソリューション
仕組み構築

住所

〒422-8067
静岡県静岡市駿河区南町
2-26-501