コンサルティング・セミナー・研修・講演の事例 メディア

           

『コンサル・セミナー・研修・講演』 『メディア』


コンサル・セミナー.bmp
  

  厳しが続く環境の中、業界問わず生き残り勝ち残っていくためには現状
  を認識し、「過去のやり方考え」から「今のやり方考え」に改革していかな
  ければなりません。

  しかし、各業界の多くが、今も昔と変わらない経営・営業スタイルを続け
  ています。

  IT技術の進歩も含め、お客様の買い方が激変したにもかかわらず、売り
  手である各業界はほとんどと言っていいほど変化していません。

  電話もファックスもパソコンもある時代にあって、これらを営業の道具と
  して活用しているのはほんのわずかです。

  なぜ、「労多く、益の少ない」やり方を続けているのでしょう。  

  それは業界問わず、多くが変化を好まないからです。

  トップ自らがらが変わらなければ、組織は変わりません。

  今の時代に合ったやり方・考え方に変えていかなければ、売上げを継続
  して伸ばしていくのは困難です。

  売上げを伸ばすためには、「仕組み」をつくることです。

  「仕組み」はシンプルで、誰に代わってもできるものでなくてはならない
  のです。

  今までの勘と経験に頼った場当たりな業務遂行、特定の人に負担のか
  かる偏ったマンパワー体制から、誰に代わってもできる業務の標準化、 
  セールス(刈取り型営業)からマーケティング発想に基づいた農耕型営
  業への転換、売り上げを上げることだけに躍起となり、足元のリスクに
  対しては無頓着で、一番重要な会社をつぶさないことへの対策がおろそ
  かになってしまってる。

  複雑多様化する事業リスクから会社を守るリスクマネジメント(危機管
  理)の基本である『100万円の利益を出すことと、100万円の損失を未
  然に防ぐことは同じ価値を持つ』ことを認識する必要があります。

  『業務改善』『マーケティング』『リスクマネジメント』は経営のトライアング
  ルです。

  経営の要であるこの3点の仕組みづくりは組織強化には欠かせません。

  当たり前のことですが生き残り勝ち残るための未来は過去の延長線上
  にはないということです。

  これらを念頭に貴社の組織体制の改革についてコンサル・セミナー・研
  修・講演で再確認することをお勧めします。

   晴れ 業務改善のための強化策(コンサル・セミナー・研修・講演)のご案内

   晴れ 組織の営業力強化(コンサル・セミナー・研修・講演)のご案内

   晴れ 人材育成の強化(コンサル・セミナー・研修・講演)のご案内

 

 

メディア1.bmp
  商工ジャーナル(2014年5月号)掲載

  商工ジャーナル2014年5月号の冊子「商工ビジネスデータ」にて
  『業務マニュアル作成法』と題して、業務改善とマニュアルについ
  て解説しています。

       商工ジャーナル.jpg 商工ビジネスデータ.jpg

         商工中金グループの鰹、工中金経済研究所の会員向け月刊誌
             「商工ジャーナル」
2014年5月号及び「商工ビジネスデータNO
                    311」からの転載