FCシステムの仕組み

            

FCシステムの仕組み

  ■FCビジネスの概要

   1.FCシステムとは

    日本フランチャイズチェーン協会の定義によると、FCは次の3つのポイントから
    成りたちます。

     ○ひとつのフランチャイザーと複数のフランチャイジーにより構成される

     ○フランチャイザーはフランチャイジーに対して、事業の遂行に必要な  
      一切の情報、知識、ノウハウを教えるとともに、店名、商号、商標、
      サービスマークなどの一定地域における独占使用権を与え、かつ
      開業後も継続的に指導する

     ○フランチャイジーは、これらの権利付与とサービスに対し、売上高や
      粗利益の一定の割合の対価(ロイヤルティー)をフランチャイザーに支払う

    具体的にみてみると、ハンバーガーショップや、コンビニエンスストア、ピザの宅
    配、居酒屋、喫茶店、ゲーム関連ショップなど、非常に多くの業種にFCシステム
    が広がっています。

    これらのFCの加盟店では、日本中どこに行っても同じサービスを受けることが
    できます。

    つまり、FC本部の指導のもと、どんな人(企業)でも加盟店となることで、同じ
    サービスを提供することが可能になるのです。

   2.FCシステム導入の目的と留意点

    (1)加盟店になる場合

      加盟店になる最大の目的は、

       低コスト、低リスク、短期間で、未知の事業に参入すること

      といえます。

      つまり、一定の加盟金やロイヤルティーを支払うことで、自分独自でその事
      業に参入した場合に必要であろう「コストや期間」をかけることなく、低リスク
      でFC本部のノウハウやブランドを活用し、その事業を行うことが可能になる
      のです。

      ですから、

       初めての事業の開始時や、多角化を行う際に適した手段

      といえます。

      ただし、加盟店になるにあたっては、

       ・「立地特性」などにより、かならずしも本部のノウハウどおりには
        ならないことがある

       ・契約により「事業形態」が細かく規定されている場合が多いため、
        独自の工夫や地域に合わせた形態の変更は難しいケースが多い

      といった問題を十分認識する必要があります。

      通常は本部が「事前調査」や「契約内容の詳細説明」「事業計画策定」などを
      行うため、その際に具体的な事業内容を確認することができます。

      なお、加盟店になって、一生懸命やって商売のノウハウが身についても、そ
      のノウハウは本部支援があってはじめて機能するものなので、結局自分自
      身のノウハウとはならないという見解を耳にすることがあります。

      しかし、「完成されたFCへの加盟」は実際の商売をしながら経営を学べる学
      校に入るようなものだと考えて、その経験をいかして独自の事業開発に役立
      てるための手段だと捉えることもできます。

    (2)FC本部になる場合

      FC本部になる最大の目的は、

       少ない資金で大きな事業を運営する、あるいは事業拡大の時間を
       大幅に短縮すること

      といえます。

      FC本部になると、ひとつの「事業ノウハウ」で、巨大な事業ネットワークを経
      営することとなり、加盟金収入やロイヤルティー収入など、事業としての「うま
      み」を得ることもできます。

      また、現在保有している「ノウハウや商品」が、FCシステムに向くかどうかの
      判断には基本的な3つの視点があります。

      それは、

       ・差別化され、競争力のある「商品」や「サービス」をもっているか

       ・その「商品」や「サービス」には短期間で多くの加盟店を獲得できる
        だけの「市場」があるかどうか

       ・店舗運営ノウハウの標準化が可能であり、加盟店が比較的容易に
        そのノウハウを獲得できるかどうか

      ということです。

      そして、この3点が満たされたうえで、自社に

       ・FCの根幹である業務の流れを統括するFCシステムの開発力

       ・FC運営に必要な原材料・資材開発力

       ・継続的に他社と差別化できる商品・サービスの開発力

       ・加盟店に対する教育・指導力

       ・統一された宣伝広告や業務支援などの販売促進力

       ・自社の設備投資や、加盟店に対する資金斡旋などの資金調達力

       ・各種情報を経営に活かせる情報管理力

      といった、各種の能力が備わっているかどうかを検討し、十分であると判断
      できればFC本部を目指すことが可能です。

      なお、経営や開発のサポートとしてFC専門のコンサルティング会社などに依
      頼することも可能ですが、根本の「商品・サービス」と「市場」がなければ、FC
      本部になることは不可能です。

   3.FCシステムの仕組み図

    次にFCシステムの一般的な仕組みを図示したものを紹介します。

   4.FC本部から加盟店へ提供するもの

    ここではあるコンビニエンスFC本部を事例として取り上げ、本部から加盟店へ提
    供される内容を紹介します。

     ○FC契約

      1.契約上の注意点

       契約における注意点としては、次の4点があります。

        ・期間は加盟店の投資回収を可能にする期間とする

        ・解除は加盟店の側からも可能であるようにする

        ・加盟店の負担金についてはその根拠を明確にする

        ・他チェーンへの加盟禁止、および契約解除後の営業制限に
         ついては、正当な理由がある場合に限る

      2.契約の内容

       また、FC契約内容には具体的に以下のようなものが含まれています。

       ・商標、サービスマークなどの使用の許諾

       ・ノウハウ提供(FC店の経営に関する営業方法) 

       ・商品そのほかの物品の調達

       ・立地とテリトリー

       ・店舗の内外装、ユニホームの統一など

       ・販売促進法(原則的には本部で統一すること)

       ・加盟金(店舗の立地調査、加盟時の教育、内外装のデザインなど 
        加盟の前後に一時的に提供されるものに対する対価)、ロイヤルティー

       ・契約期間、更新、解除

      3.契約に伴う権利と義務

       最後にFC契約を結ぶことによって発生する互いの権利・義務を整理してお
       きます。

       以上のような互いの権利・義務を踏まえたうえで、契約書の内容を検討す
       る必要があります。

                                お問合せ・ご質問はこちら 


                                メルマガ登録(無料)はこちらから