適正な業務請負

                         

適正な業務請負

  ■適正な業務請負

   業務請負という業務形態は世間に広く浸透しており、「請負契約」などの言葉もよ
   く耳にします。

   しかし実際には、業務請負を行うにあたり押さえておくべきポイントについて、詳し
   い知識が無いケースが少なからずあります。

   きちんとした知識を持たないままに業務請負を行うと、「偽装請負」という事態に発
   展してしまう恐れもあります。

   ここでは適正に業務請負を行うためのポイント等について説明をします。

  □業務請負とは

   業務請負とは注文された業務の完成を目的とするものであり、単に労働力を提供
   するだけのものではありません。

   請負事業者は注文者から発注された業務を、自己の労働者を使用し、自らの業
   務として、その裁量と責任で完成させる必要があります。

   自らの裁量と責任で業務を完成させるという点が業務請負では重要となります。

   注文主の裁量がはたらいてしまうと、業務請負ではなく、労働者派遣に該当する
   可能性があります。

   形式的には業務請負ですが、実態は労働者派遣、いわゆる「偽装請負」とみなさ
   れる可能性があります。

   兼務誅負と労働者派遣の違いについて見ていきましょう。

  □業務請負と労働者派遣の違い

   上記で注文主の裁量がはたらいてしまうと、業務請負ではなく、労働者派遣に該
   当する可能性があると述べましたが、ここで言う注文主の裁量とは、主に業務に
   対する指揮命令のことを指します。

   請負事業者が自ら雇用する労働者を指揮命令して、請け負った業務を完成させ
   ることが業務請負ですが、その指揮命令が業務の注文主から行われてしまうと、
   請負事業者が注文主に対して単に労働力を提供するだけの労働者派遣とみなさ
   れてしまいます。

  □適正な業務請負を行うためのポイント

   業務請負に関する正しい知識が無いと、労働者派遣との境界線があいまいに
   なってしまうなど、業務請負が適正になされません。

   適正な業務請負を行うために、請負事業者がどのようなポイントに注意したら良
   いのかを見ていきます。

   1.業務管理上の独立性

     (1)請負業務を行う労働者に対する業務の遂行方法に関する指示その他の
       管理を自ら行うこと。

        ・注文主が請負事業者の労働者に対して直接業務上の指示を行う
         ことはできません。

        ・注文主が請負事業者の労働者に技術指導を行うことはできません。

     (2)請負業務を行う労働者の労働時間等(始業・終業時間、休憩時間、休日)
       に関する指示その他の管理を自ら行うこと。

        ・注文主の就業規則を請負事業者の労働者に適用することは
         できません。

        ・出勤簿やタイムカードによる労働時間の管理や休暇の管理は
         請負事業者が行うこと。

     (3)企業における秩序の維持、確保等のための指示その他の管理を自ら行う
       こと。

        ・請負業務に必要な制服やヘルメットは請負事業者が準備し、
         労働者に着用させること。

        ・請負業務について労働者の人数・配置・人選その他の変更は
         注文主の指示・承諾を受けることなく請負事業者が決定していること。

   2.事業運営上の独立性

     (1)業務の処理に必要な資金を自らの責任において調達し、支弁していること。

     (2)業務の処理について、民法、商法その他の法律に規定された事業主とし
       ての全ての責任を負うこと。

     (3)単に肉体的な労働力を提供するものでないこと。(次のいずれかに該当す
       ること)

        ・請負業務に就いて必要な機械、設備若しくは器材または材料
         若しくは資材は、請負事業者の責任と負担で準備、調達すること。

        ・請負事業者自らが企画しまたは請負事業者の持つ専門的な技術
         若しくは経験を用いることで、請負業務が処理されること。

                                お問合せ・ご質問はこちら 

                                メルマガ登録(無料)はこちらから