中小企業のオーナー経営者が抱える問題は「仕組み」で解決

 

   
2018年のスローガン

   改革は、丹念に、一歩ずつ進め。
     (諦めるなそしてやめるな)
   本質的変化には時間がかかる。

  

                      明けましておめでとうございます。

            「すぐやる、必ずやる、できるまでやる(日本電産 永守社
               長)
」をモットーに確実に継続実行していきましょう。


              多くの会社が次年度の計画策定を進めていることでしょう。

             ほとんどの会社が毎年計画(経営方針書、中期経営計画、年度計画)を
             作成していますが、計画が画餅に帰してしまっていないでしょうか。

             計画が勘と経験により「たまたま」目標達成されているといったことが
             ないでしょうか。

             計画は目標達成のための正しい手順を示す羅針盤となります。

             当然、計画の策定が1週間やそこらでできるはずはありません。

             もしそうだとしたら、それは計画ではありません。 

 

                 貴社が抱える問題解決の最優先課題は?
 

           現在の業務のやり方・考え方に疑問を持たなければ改革・改善は
           始まらない。

           あなたは「収入に見合った仕事」をしているか? です

           組織のジンザイの8割が「人材」、「人在」と言われている。

           言われたことしかやらない「人材」、たんに会社に居るだけの「人在」、
           人在に支払われている給与の名目は「存在給」に他ならない。

           これらのジンザイは最悪会社にとって「人罪」になりかねない。

           これらのジンザイはパートからトップに至るすべての人に言えることです。

           会社が求めるジンザイは「人財」なのです

           各人が自分の立場(パート、一般社員、管理職、役員、トップ)としての
           役割を担っていると自信をもって言えるでしょうか。

           特に中小企業では社員一人ひとりが複数の役割を担わなければなら
           ないのが現実です。

           そして一人ひとりが常に「なぜ? なぜ? なぜ?」という疑問を持つこと。

           弊社が30年近くコンサルティング業務にかかわる中で、中小企業が抱え 
           る問題の多くは以下の内容に集約できます。

            ・社員の業務(役割)分担が不明確
            ・「業務改善」が先で「社員育成」が後回しになっている
            ・業務全般がマンパワーで行われ標準化されていない
            ・人事評価が先で「人材育成」が後回しになっている
            ・ナレッジマネジメントができていない
            ・理念やビジョンが全社員に浸透していない
            ・各種社内規程が未整備
            ・基本動作ができていない
            ・計画自体が確実に目標達成するための手順が曖昧
            ・組織がチームとして機能しておらず、たんなる個人の集まり
            ・競合他社との明確な違いがない

           いかがでしょう。

           貴社に当てはまる課題はありませんか?

           もしあるならば最優先課題として、解決していかなければ最悪の事態を
           招きかねません。

           ご一緒に解決していきましょう!

  

       経営の要となる3つの課題を解決

       業績停滞の要因のひとつに社長の
       『変えようとしない 変わろうとしない』
       があります。

       現状のままで好結果を望むのは、
       アインシュタインの言葉を借りるなら
       「同じ事をやっていて違う結果を求める
       のは狂人だけだ」です。

       経営者であるあなた自身が『裸の王様』であることを認識し、
       早期に対策を講じることです。
 

      経営のトライアングル

        1.業務の改革・改善
          業務改善の目的の一つは、いかに労働時間を短縮して生産性を
          上げるかです。

          勘と経験に頼った場当たりな業務遂行、特定の人に負担のかかる
          偏ったマンパワー体制から誰に代わってもできる業務の標準化は
          組織(チーム)力強化に欠かせない。

        2.マーケティング
          お客様を継続的に集めなければ、間違いなく会社は倒産して
          しまいます。

          ただ単にモノを売る努力だけでは売れない時代なのです。

          『売る』を先行させた狩猟型、刈取り型営業からマーケティング
          発想に基づいた農耕型営業『畑(マーケット)を耕し、種(見込み客)
          に水をやり、肥料を与え、実(新規顧客)に育てる』仕組みづくりが
          急務です。

        3.リスクマネジメント
          中小企業の多数が売り上げを上げることだけに躍起となり、足元の
          リスクに対しては無頓着な傾向にあります。

          売り上げを上げることも重要ですが、一番重要なのは会社をつぶさ
          ないことです。

          複雑多様化する事業リスクから会社を守るリスクマネジメント(危機
          管理)は『100万円の利益を出すことと、100万円の損失を未然に
          防ぐこととは同じ価値を持つ』ことを理解すべきです。

 

    各種コンサルティング・セミナー・研修・講演についてのご案内

      今、中小企業の多くが事業運営において問題を抱えています。

      貴社(店)にとって解決しなければならない最優先課題はなんですか?

      多くの社長は自社の問題が深刻化してしまってから解決に奔走します。

      しかしそれでは応急処置という限られた対策に限定されてしまう。

      創業から今日に至るまで、我流で走り続け、付いたムダな垢をそぎ
      落とさなければならないのです。

      「ヒト、モノ、カネ、ジョウホウ」に限りがある中小企業が生き残り勝ち残って
      いくためにも、不必要な垢をそぎ落とし、現有資産を最大限に活用していか
      なくてはならない。

      今一度、自社(店)の問題点を洗い出すことをお勧めします。

         晴れ 業務改善のための強化策(コンサルティング・セミナー・研修・講演)のご案内

           晴れ 組織の営業力強化(コンサルティング・セミナー・研修・講演)のご案内

        晴れ 人材育成の強化(コンサルティング・セミナー・研修・講演)のご案内


     上記コンテンツについてご質問やご相談などございましたら、お電話もしくは
     お問合せフォームからお気軽にご連絡ください。

      お電話でのお問合せはこちら

         TEL 054−269−5927

        メールからのお問い合わせフォームは

 

       

            

what's new ビジネス・ソリューション

 弊社HPをご覧いただきありがとうございます。

 HPに掲載のコンテンツは弊社が30年近くかけ構築した内容で、
 すべて実証済みの内容ばかりです。

 ここに掲載の内容は事業運営における原理原則を説いたものです。

 貴社の経営にお役立てできる内容であると自負しております。

 多くの中小企業に関与して感じることは、我流で経営してきた会社が
 多いことです。

 今やるべきことは創業から今日に至るまでのムダな垢をそぎ落とし、
 正しい事業運営を行うことです。

 せっかくの組織が烏合の衆とならないためにも、業務改善・人材育成・
 マーケティングの仕組みづくりを構築することが優先課題ではないで
 しょうか。

 ここには、これらの問題を解決するために多くのヒントが掲載してあり
 ます。

 社内のパート社員からトップに至るまで各人には役割があるはずです。

 掲載内容は、あなた自身の役割が何かを知ることができ、そのやり方
 考えまでが網羅されています。

 あなたを含め、社員それぞれが自社における役割を明確にすることが
 できれば、我流で無駄な努力をしなくても正しいやり方が理解でき、
 組織(チーム)力を発揮することができます。

 掲載内容が貴社の経営に役立つことができれば幸いです。

 

 

経営 組織

 物流子会社の設立  ひらめき (2018.1.13)

 事業協同組合の存在意義  ひらめき (2017.12.25)

 新規事業計画策定の意義  ひらめき (2017.12.7)

 卸売業の営業マン育成  ひらめき (2017.11.30)

 経営は戦略的思考で  ひらめき (2017.11.18)

 少数採用時代の新人教育  ひらめき (2017.10.29)

 卸売業の経営力強化  ひらめき (2017.10.22)

 外部専門家・サプライチェーンの有効活用  ひらめき (2017.10.9)

 会社を変える  ひらめき (2017.9.28)記事追加

 全員参加型経営のためのPDCAサイクル  ひらめき (2017.9.20)

 社長に必要なコミュニケーション  ひらめき (2017.9.13)

 中小企業のブランド戦略  (2017.8.30)

 管理者(リーダー)次第で会社は変わる  (2017.8.19)

 リーダー(管理職)の役割と育成方法  (2017.8.7)

 製造業の経営革新(下請け体制からの脱却)  (2017.8.4)

 効果的に成功企業の経営手法を取り入れる  (2017.7.28)

 社長に必要なコーチングスキル  (2017.7.22)

 部下に嫌われる行動  (2017.7.4)

 部下が考える理想の上司  (2017.6.27)

 女性社員のモチベーションを高める  (2017.6.19)

 パブリシティ(広報)活動でマスコミを活用  (2017.6.18)

 なぜ経営理念が必要か  (2017.6.9)

 建設業者の生き残り・勝ち残り策  (2017.6.7)

 社員教育の基本  (2017.6.5)

 若手社員の定着率向上  (2017.6.2)

 

営業 マーケティング

 マーケティングで売り方を変える  ひらめき (2018.1.4)

 FAXDM  ひらめき 2017.12.16 FAXDM構築についての問合わせが多数あり、一度
                     閉じた
サイドメニューのファックスDMコーナーを再開しました。

 ルートセールスにおける新規顧客開拓 ひらめき (2017.12.12)

 販路開拓の考え方  ひらめき (2017.11.4)

 接客マニュアルの重要性  ひらめき (2017.10.15)

 既存顧客をつなぎ止めるワンツーワン・マーケティング  ひらめき (2017.10.4)

 マーケティングの重要性  ひらめき (2017.9.27)

 店舗販売における接客力  ひらめき (2017.9.18)

 営業活動の効率化(ルートセールス)  ひらめき (2017.9.11)

 営業パーソンの育成(ルートセールス)  (2017.8.28)

 中小企業のブランドづくり  (2017.8.16)

 FC加盟店オーナーの本部チェックポイント  (2017.8.8)

 売れる仕組みづくりとは  (2017.7.30)

 売れる営業マンに必要なスキル  (2017.7.24)

 業績先行管理とスケジュール先行管理  (2017.7.23)

 営業力の再構築  (2017.7.11)

 しゃべらない営業  (2017.7.1)

 社内の技術者を営業に活用  (2017.6.23)

 プレゼンテーション成功の秘訣  (2017.6.16)

 

業務関連 リスクマネジメント

 社内会議を効率化する  ひらめき (2018.1.8)

 なぜ人が育たないのか  ひらめき (2017.12.19)

 5S(とクリンリネスは)経営改善の基本  ひらめき (2017.12.3) 記事追加

 流通・サービス業の生産性向上策  ひらめき (2017.11.13)

 人材開発支援助成金(特定訓練コース)  ひらめき (2017.10.26)

 会議の進め方とルール  ひらめき (2017.10.10) 記事追加

 情報漏えいを防止する秘密保持契約  ひらめき (2017.10.1)

 両立支援等助成金(出生時両立支援コース)  ひらめき (2017.9.22)

 報連相(ホウレンソウ)の方法と重要性  ひらめき (2017.9.15) 記事追加

 FC加盟の際のチェックポイント  ひらめき (2017.9.9)

 個人情報の流出漏洩を防ぐ安全管理  (2017.8.26)

 時間管理は業務管理の基本  (2017.8.23)

 自転車通勤制度の導入  (2017.8.17)

 経営幹部(管理職)のための職務分担  (2017.8.5)

 業務改善の考え方と方法  (2017.8.1)

 会社の健康状態をつかむ  (2017.7.26)

 コストダウンを考える  (2017.7.6)

 間接部門の目標管理  (2017.6.30)

 総務部門のコスト意識  (2017.6.21)

 業務の商品化  (2017.6.10)

 

 

 

保険業界向け


 給与体系と評価制度  ひらめき (2018.1.16)

 家業からの脱却  ひらめき (2017.12.29)

 生保販売の強化  ひらめき (2017.12.15)

 経費削減の進め方とポイント  ひらめき (2017.11.23) 記事追加

 代理店業務のムダ・ムラ・ムリ  ひらめき (2017.11.9)

 代理店のブランド力  ひらめき (2017.10.12)

 代理店にとってのマーケット  ひらめき (2017.9.6)

 代理店にとっての顧客サービス  (2017.8.24)

 代理店営業は科学  (2017.8.12)

 代理店経営に不可欠なこと U  (2017.8.2)

 生保営業におけるセールスプロセスの標準化  (2017.7.27)

 代理店強化策(コンサル・セミナー・研修・講演)のご案内  (2017.7.19)

   業務改善のための仕組み

   代理店営業力強化

   人材育成の強化

 商談シナリオの作成  (2017.7.3)

 
代理店経営に必要不可欠なこと T  (2017.6.22) 
   

 

 

悩む人.jpg

 

 

社長!こんな悩みをお持ちではないですか?
御一緒に解決していきましょう!

 パンチ 経営体質強化を図りたい

 ちっ(怒った顔) 営業日報を有効活用したい

 がく〜(落胆した顔) 集客、新規開拓、単価アップ、顧客流出防止の仕組みをつくりたい

 ふらふら 特定の営業マンに頼った営業スタイルを変えたい

 もうやだ〜(悲しい顔) セールストークを標準(マニュアル)化したい

 わーい(嬉しい顔) お金をかけずに自社を宣伝・アピールしたい

 パンチ 特定の人に負担がかかる業務のやり方を変えたい

 ちっ(怒った顔) 組織(チーム)力がなかなかつかない

 もうやだ〜(悲しい顔) 経営計画が画餅に帰してしまう

 ふらふら 業務マニュアルを作成したいが・・・

 がく〜(落胆した顔) 社内規程の整備が思うように進まない

 がく〜(落胆した顔) 人事考課制度が昔のままになっている

 ふらふら 業務改革を進める方法・手順を知りたい

 ちっ(怒った顔) 営業力強化のためにロープレを実施したい 

 パンチ 「報連相」の強化でコミュニケーション力を高めたい 

 ちっ(怒った顔) 労務リスクの管理を強化したい 

 がく〜(落胆した顔) 多様化する事業リスクに備え危機管理マニュアルを作成したい 

  各種コンサルティング・セミナー・研修・講演についてのご案内

   晴れ 業務改善コンサルティング・セミナー・研修・講演のご案内

   晴れ 組織の営業力強化コンサルティング・セミナー・研修・講演のご案内

   晴れ 人材育成コンサルティング・セミナー・研修・講演のご案内


     上記のようなご質問やご相談などございましたら、お電話もしくは
     お問合せフォームからお気軽にご連絡ください。

     お電話でのお問合せはこちら      
       TEL 054−269−5927

       メールからのお問い合わせフォームは

 

 

 

 

オーナー経営者のための仕組みづくり

 

 

                【あなたのための改革5ヶ条】

悪条件の中で改革推進できる者が真のリーダーである。

改革とは、それを具体的に不動の決心・覚悟として確立しないと始まらない。

改革は、丹念に、一歩ずつ進め(諦めるなそしてやめるな)。本質的変化には時間がかかる。

まず自分が変われ、更に一歩変われ。

嘆きの人生か、楽しみの人生か、自分の意志でどちらにもできる。

 

 

 

本人写真円切抜き.jpg ようこそビジネス・ソリューションのウェブサイトにお越しいただき
ありがとうございます。

ご紹介するサイトの内容は実証済みのものばかりです。

このサイトをご覧いただき、、まずは「真似る」から始まり、貴社
独自の『仕組み』にしていただきたいのです。

 

 

 

                   j0407420140.jpg      

 

                                    3つの経営改善策

         マーケティング力、社内業務改善力、リスクマネジメント力の
         3つの力を備えるためのお手伝をいたします。

 

 

収益アップに欠かせない「仕組み」のトライアングル

          クラブ マーケティング(売れる仕組み)

          クラブ業務改善(業務を標準化する仕組み)

          クラブ リスクマネジメント(事業リスクに対処する仕組み)